デリヘルを探してみよう

インターネットから探す

風俗で遊びたいと思ったとき、あなたはどんな方法でお店を探しますか?
最近は携帯電話やスマートフォンを持っている人がほとんどなので、インターネットを利用して探すという人が大半かもしれませんね。
デリヘルの登録サーチなどもあるので、地域や求めるサービス内容によって、女の子を比較的カンタンに探すことができます。

また、こうしたインターネットサイトにはそれぞれ地域別・業種別によってランキングがあるので、初めての人でも比較的お店のレベルがわかりやすいという利点があります。
ネットのランキングはホームページのアクセス数や人気度を考慮して更新されているので、口コミよりもよっぽど信用性があると思っていいでしょう。
わたしは新宿のお店を利用することが多いので、新宿デリヘル情報-デリヘルプレスというサイトのランキングを利用しています。

そのほかにも、ネットから予約をすると特別な割引がある、いわゆる「割引チケット」を手に入れることができます。
こうしたコンテンツを上手に利用することも、よりリーズナブルにデリヘルを遊ぶコツです。
ただし、割引チケットには利用するにあたってのルールが別途儲けられていることがあるので、情報をきちんと確認しておきましょう。

ネットのサイトでは女の子の出勤情報やイベント情報も掲載されているので、ぜひ一度チェックしてみてください。

雑誌から探す

風俗専門誌などを見ていると、デリヘルの広告が目につきます。
それを見ていて「ちょっとデリヘルでも呼ぶか…」という気分になったことがある人は、多いのではないでしょうか。

こうした雑誌に載っているお店の中から、優良店を探してみるのもひとつの手です。
けれど、いろんなお店が情報を出していて、どこを選べばいいのか迷ってしまうこともありますよね。

そんな人に特にオススメなのが、でかでかとカラーで広告を出しているお店。
当然ながら風俗専門誌にお店の広告を出すには、お金がかかります。
それも、ページ数によっては出稿量何十万の世界なので、カラーで広告を出しているお店ほど儲かっているということになります。

逆に、モノクロのページは出稿料が安かったり、サービス品であることも多いので、人気のお店に当たる確率は低くなってきます。

同じ理由で、風俗求人情報のサイトに多く広告を出しているお店も資金力があるということがいえますので、人気のお店の可能性が高いですね。

上記で上げたように、雑誌に掲載されている情報から女の子を呼ぶ時は、広告に多くのページで掲載されているお店のものを選ぶようにしましょう。
そうすると、自然とその地域でも評判の高いお店になってくるはずです。

インターネットを使うよりも手頃でカンタンなので、いつも雑誌を買っている人は一度試してみてはいかがでしょうか?

消去法で選んでいく

パネマジという言葉があります。
『パネルマジック』の略称で、「パネル(写真)だと可愛く見えるのに実際会ってみるとちょっと…」という時に使われる言葉です。

デリヘルは特に他の風俗と比べて金額が高いため、できれば一発で自分好みの女の子を引き当てたいですよね。
けれど、実際ホームページの写真を見てみると、女の子はモザイクをかけていたり、手で顔を隠しているので、素顔は会ってみないとわかりません。

指名を入れるときに「胸が大きいの子」と注文をつけても、実際に来た子が「胸は大きいけれど、ほかの部分もふくよか…」ということもあります。
なので、なかなか女の子を指名するのは難しいですよね。

デリヘルで女の子を失敗しないようにするポイントは、消去法で選んでいくというもの。
例えば、上記のように指名を入れるにしても「胸が大きい子」と自分の好みを伝えるのは初心者のやり方です。
正しくは、「熟女はNG」だとか「太ってる子は避けて欲しい」などと伝えましょう。

これだけは絶対にダメというポイントを抑えておけば、それだけは避けてくれるので、失敗する確率が低くなります。
一見消去法だとマイナスなイメージがありますが、思わぬ当たりを引くことがあるかもしれませんよ。

ホームページを確認しよう

風俗店のホームページがあった時、あなたはどこを確認しますか?
女の子のプロフィール、出勤情報、あとはイベント情報をチェックするくらいでしょうか。
初めて電話をするデリヘルなら、店舗情報も確認するでしょう。

もちろん、それだけでOKなのですが、実際はもっと見るべきところがあります。
それは、サイトのデザイン。

「デザインなんてわからないよ!」という人もいるかもしれませんが、これまで遊んできたお店のデザインと比べてどうでしょうか?
お金をかけてるなと思うデザインですか?

デリヘルは構える店舗がないので、インターネットのサイトがいわゆるお店の顔です。
そうした顔の部分をしっかりとデザインしているお店は、ハズレなく優良店だと言えます。

そのほか、店長がブログなどを更新している場合は、そちらにだけイベント情報が記載されているパターンもあります。
また、メルマガなどを配信しているお店はそこでしか掲載されてない割引チケットなどがあるところもあるので、できるだけ安く遊びたいなら登録をしておいた方がいいでしょう。

遊ぼうと思ったときにそこまで見る人は少ないかと思われます。
しかし、どこにお得な情報が隠されている変わらないので、しっかりチェックしておいたほうがいいでしょう。

出勤情報が更新されているお店

失敗デリヘルの選び方のポイント。
それは、出勤情報がきちんと更新されているかどうかです。

出勤情報は、女の子のシフトを管理する上で、お店側にとっても非常に有効なツールです。
もちろん、シフトの管理は個別に行っているところもあるのですが、そうしたコンテンツをしっかり更新しているかどうかで、店舗スタッフの性格を見極めることができます。

毎日更新されているようであればひとまず安心でしょう。
しかし、出勤しているはずのデリヘル嬢の更新が滞っていたりすると、あなたを含めてお客さんは誰を指名したらいいのか判断ができません。

そういった更新にずぼらなお店は、総じてサービスが悪いというケースがあります。
また、女の子のシフト管理がしっかりと行き届いていないと、女の子自体もお店から離れて行ってしまいます。
よりレベルの高い女の子の質とサービスを受けたいのなら、こうした出勤情報を見てみましょう。

出勤情報だけでなく、サイト全体の更新率も上記で上げたように、優良店か見極める際のポイントになります。
イベント情報やブログなどがまめに更新されているかどうか。
そのほかにも、サイトデザインにこだわりが見られるかどうかなど、見極めるポイントはたくさんあるのでチェックしてみてください。

ただ安いだけはNG

風俗のデリヘルには激安、中級、高級と3タイプのお店がありますよね。
それぞれの金額の相場は地域によって違って来るものの、激安の場合は3000円程度で遊ぶことができます。

ただ、正直なところ金額と女の子の顔のレベルは比例していくように思います。
安いところが悪い、というわけではないのですが、本当に「モデル並みに可愛い」子というのは、高級デリに行ってしまう。
激安から中級の下の方になると、高級デリでは戦えなかった子というのが、集まってくる。

水が高いところから低いところへ流れるように、そういうものだと思っておきましょう。

じゃあ、激安デリは悪いところばかりなのかと言うと、決してそうではありません。
性格の良さをウリにしてるお店もありますし、胸が大きいだとか、オプションが充実しているだとか、他のサービスで勝負をしているところも。
なにより、激安デリは安く遊べるところが一番いいですよね。

しかし、男なら一度は高級デリで遊んでみたいものです。
これも地域によって金額が変わってきますが、だいたい相場は30000円から500000円。
高いですよね。

高級デリも割引イベントを行うことがあるので、そういったところを狙い目にして遊ぶと、比較的安く予約ができます。